「1917命をかけた伝令」の戦場体験を追体験できる没入感がスゴかった!【映画レビュー】

映画「1917命をかけた伝令」の没入感がすごい!口コミレビュー

みなさん、どうも僕です。

第一次世界大戦時のイギリス軍を舞台に描かれた映画「1917命をかけた伝令」という映画を見てきました!

息が詰まりそうになる戦場での緊張感をひしひしと感じることのできる非常に貴重な映画でとても感動しましたよ。

「戦争映画」の一言では片づけられないヒューマンドラマで、絶対に観ておくべき映画ですよ!

僕は映画封切り当日に観てまいりましたので、この映画の魅力について語りたいと思います!

ワンカットによる映像が現実に飲み込まれていく主人公の心情に!

「1917命をかけた伝令」の口コミレビュー

この映画の大きな特徴は「ワンカット」と呼ばれる手法が用いられてる点です。

「ワンカット」といえば「カメラを止めるな!」でも使われていた手法ですが、一つのカメラを長回ししたような、編集の切れ目を感じさせない映像を撮ることですね。

 

その効果・メリットとしては次々に展開していく現実を主人公さながらの臨場感であたかもそれを自分が体験しているかのように感じられる点です。

この「1917命をかけた伝令」ではこのワンカットの効果が絶大で、どんどん迫りくる危機的状況にハマっていく主人公の目線で追体験できてしまう点が特筆すべき点です。

 

映像自体が伝令として前線に向かう兵士目線なので、見ているこっちも

「その廃屋の中に敵が隠れるんじゃないの??」

「いったいどっちの方向に進んでいったらいい??」

って感じで、観ている間はずっと主人公の兵士になったような気でハラハラ、ドキドキしながら「追体験」してましたね。

「1917命をかけた伝令」ってどんな映画?!そのストーリーとは?(ネタバレ無し)

「1917命をかけた伝令」の口コミ感想

気になるストーリーについてもお伝えできる範囲で言っておきましょうね。

時は今から100年以上前の1917年。

舞台は第一次世界大戦のイギリス軍が展開する西部戦線。

若き上等兵、スコフィールドとブレイクはエリンモア将軍から思いがけない「命令」を受けます。

 

それは最前線にいるマッケンジー大佐率いる1600名の兵士に翌朝の総攻撃の中止を伝えること・・・。

そして、その1,600名の中にはブレイクの兄もいるという事実。

 

ドイツ軍は大々的に撤退したことを受け、勝利目前とばかりに意気上がる1,600名の最前線の部隊。

しかし、軍司令部が航空写真によって掴んだ情報では、その撤退した空白地帯の背後にドイツ軍が一挙に集結させた大規模な砲兵隊が待ち構えているということ。

撤退したと見せかけて、イギリス軍をおびき寄せ、大規模兵力で一網打尽で壊滅させようと意図されたドイツ軍の「罠」だったのです。

それを知らずに1,600名のイギリス軍が総攻撃をしかければ、全員の命を落とすことに。

 

それをやめさせるためにスコフィールドとブレイクが伝令として最前線まで向かうよう命令されたわけです。

しかし最前線までたどり着くには、戦場を突っ切り、陰に潜むドイツ軍という敵の障害があります。

 

そして、最大の「敵」は時間。

1,600名、そしてブレイクの兄の命を守るべく、翌朝の攻撃開始までに将軍の命令を果たして伝えることができるのか・・・。

ーーー

 

ストーリーとしては、前線で戦う3人兄弟で唯一の生き残りのライアン二等兵を祖国に帰すべく戦場を駆け巡る「プライベートライアン」にも少し似ていると言えば似ているかもしれません。

ただ、この映画の特徴であるワンカットの効果もあり、若い兵士が思いがけない命令を契機として危機的状況に追い込まれる場面を最初から結末までまざまざと臨場感をもって感じ取ることができる部分がかなり違っています。

 

ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファースなど大物俳優が随所で光ってる!

この映画で伝令を務めた若き二人の兵士、スコフィールドとブレイクはそれぞれジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマンという(少なくとも日本では)知名度的にはそれほど高いとも言えない若手俳優です。

もちろん、その演技は素晴らしかったのですが、「脇を固める」と言ってはなんですが、随所でかなりの大物俳優が配されているのが見ものです。

 

まず、攻撃中止の決断をして伝令を命じたエリンモア将軍に「英国王のスピーチ」のコリン・ファース。

映画の中ではほんの序盤で出てくるだけですが、話の意味合い的には非常に重要なポジションで、威厳をもった深い演技がかなり印象的でした。

 

そして、1,600名の命を預かり、勝利目前として翌朝の大攻勢をつかさどるマッケンジー大佐に「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のベネディクト・カンバーバッチ。

映画での登場時間だけで言えばもったいない気もしますが、こちらもストーリーでは非常に重要な場面を圧巻と言える存在感で演じてました。

「は?!攻撃中止??何を言ってる?勝ちは目前だぞ!」とばかりに、伝令として駆け付けたスコフィールドに投げかける冷たい視線、ひったくるように将軍からの命令書を取り一読する様子・・・やはりアカデミー賞を取った大俳優だなと思わせる迫真の演技でした。

 

まとめ

「1917命をかけた伝令」は「戦争映画」「戦争もの」とひとくくりにしてしまうのが残念に思えてしまう名作です。

自分に命を賭して1,600名の兵士の命を救うべく、タイムリミットによる極限状況の中で戦場を駆ける主人公の心情、息遣いが感じられる臨場感たっぷりの作品です。

ぜひ映画館の大きなスクリーンで、この極限状況に没入してみませんか?

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

もんりっち

NLPプラクティショナーという心理学系の資格を持つおっさんブロガー。ワインとサッカーと下世話な話が三度の飯より大好物。 「たまてBOX」では、おっさんが今より素敵になれる耳よりな情報から、サラリーマンにオススメの情報、更には「どーでもいい」話題まで幅広く深く掘り下げて紹介しています! 書籍への掲載、他メディアでも紹介多数。 さぁアナタもたまてBOXファンになりませんか! 記事執筆依頼、取材依頼もドシドシとお待ちしております!

お問い合わせはコチラまで!
FacebookB!HatebuTwitterFeedlyInstagramContact

ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加
IDでの追加は「@uii0506r」を検索!
映画「1917命をかけた伝令」の没入感がすごい!口コミレビュー

共有するならコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

NLPプラクティショナーという心理学系の資格を持つおっさんブロガー。ワインとサッカーと下世話な話が三度の飯より大好物。 「たまてBOX」では、おっさんが今より素敵になれる耳よりな情報から、サラリーマンにオススメの情報、更には「どーでもいい」話題まで幅広く深く掘り下げて紹介しています! 書籍への掲載、他メディアでも紹介多数。 さぁアナタもたまてBOXファンになりませんか! 記事執筆依頼、取材依頼もドシドシとお待ちしております!

お問い合わせはコチラまで!
FacebookB!HatebuTwitterFeedlyInstagramContact