これはビックリ!加齢臭・オヤジ臭を防ぐ最も簡単な方法を40代中年男性が伝授!

加齢臭でお困りの40代、中年男性のみなさん、手軽&簡単に加齢臭を防止する方法を知りたければコチラです!

みなさん、どうも僕です。

40代を超えたあたりから、どうしても気になるニオイと言えば加齢臭ですよね!

僕も40歳を過ぎたぐらいから、自分でも気になる臭いが体から出てきて、「なんとかならないかなぁ」とずっと考えてました。

ところがこの気になる臭いである加齢臭を簡単&手軽に消したり防いだりできる魔法のような方法があったんです!

今日は、僕と同じく加齢臭に悩む方に向けて、超簡単な加齢臭対策の手段をお伝えしたいと思います。

 

食品添加物「ミョウバン」を加齢臭対策に利用する!

もう最初から答えを言っちゃいますけどね、加齢臭を防ぐためには、「ミョウバン」と呼ばれる食品添加物を利用するのが最も簡単で、手っ取り早い対策方法なんです!

中年サラリーマン
ミョウバンってなに??

このミョウバンってあんまり聞いたことないって人も多いと思います。

ミョウバンとは、もともと天然の鉱物なんですが、現在は食塩などと同様に人の手によって製造されているものなんです。

漬物の変色(色落ち)防止や料理の煮崩れ防止のために利用されている食品添加物なんですね。

スーパーなどでも板に盛られたウニ(板ウニ)なんかをよく見ると思いますが、あれはミョウバンを使って型崩れを起こさないように固めているんです。

 

注目すべきは、このミョウバンの

  • 殺菌作用
  • 消臭作用
  • 制汗作用

なんです。

次の項目で、なぜミョウバンが加齢臭に効果があるのか説明しますね!



 

オヤジ臭を消す!ミョウバンが加齢臭に効果を発揮するメカニズム

ミョウバンが加齢臭を防ぐのに効果があるよと言われても、きっとしっくり来てませんよね。

というのも「なぜ」ミョウバンが加齢臭防止に効き目があるのか分からないからですよね!

中年サラリーマン
なんでミョウバンを使うのか理由を教えて!

ミョウバンを利用することで期待できる3つの効果について説明しましょう。

殺菌効果

人間の体臭やワキガ臭の原因となる細菌は、アルカリ性の環境でよく繁殖すると言われています。

ミョウバンは水に溶けると酸性に変化するため、水に溶かしたミョウバンを体に吹き付けることで、アルカリ性になりがちなところを防ぐ効果があるというワケです。

ミョウバンを付けることで細菌の繁殖を防ぐ殺菌効果が期待できるのです。

 

消臭効果

ミョウバンにはカリウムやアルミニウムなど、様々な金属成分(金属イオン)が含まれています。

この金属成分が科学的に反応することで(酸化還元反応)、「金属消臭」効果が得られるのです。

汗に含まれるアンモニア臭もアルカリ性であり、酸性に導くミョウバンを利用することでニオイの原因を断つことが出来ます。

ミョウバンを利用することで、金属が持つ消臭効果が期待できるというワケですね。

 

制汗効果

ミョウバンには、肌を引き締めたり、毛穴を収縮させる「収れん効果」があると言われています。

この効果により、汗腺を引き締め、汗が出るのを抑えることも期待出来るというワケです。

(古代ローマ人もミョウバンを制汗剤として利用していたと言われています)

 

以上のように、ミョウバンが持つ3つの特性を利用することで加齢臭を消したり防いだり出来る、というワケなんです。

 

「自作デオドラント」簡単に出来る制汗スプレー「ミョウバン水」の作り方

ってことで、簡単に自作できる加齢臭を防ぐ「ミョウバン水」の作り方をお伝えしますね。

まず、ミョウバンをどこで手に入れるかですが、先ほどお伝えした通り、漬物の色落ち防止に使われているため、スーパーの漬物コーナーなどに「焼ミョウバン」という名称で置かれていることが多く、それ以外だとドラッグストアで購入できるところもあります。

スーパーに行くことが少ない人なら、アマゾンなどのネット通販でも手軽に購入でき、僕もアマゾンでポチりましたので、それが一番早いかと思います。

 

用意するのはミョウバンと、100均ショップで購入できるスプレー型の容器です。

容器については、入手しやすい500mlのペットボトルでもOKです。

ただ、スプレー型の容器のほうがそのままシュッシュッと振り掛けることが出来ますからね、スプレー型容器のほうが使いやすいと思います。

 

まず、容器に500mlの水を注ぎ、500mlの水に対してミョウバン15~20g程度を投入します。

それから容器をよく振って、水とミョウバンをよく混ぜ合わせます。

白く濁ったミョウバン水も一晩置くことで溶けて透明になるので、これでミョウバン水の完成です。

 

保存期間についてですが、ミョウバン水は日数が経過すると効果が薄れてくるので、1か月程度で使い切ってしまうように心がけておきましょう。

1か月で500mlも使わないという人はミョウバン水を作る量をあらかじめ少なめにしてもいいかと思います。

ただし、その場合もミョウバンと水の割合は一定にしておいてくださいね。

ミョウバン水は、先ほどお伝えしたように金属化合物を含む物ですので、金属アレルギーの方など人によっては肌荒れを起こす場合もあるため、適正量を配合するようにしてくださいね。

 

実際ミョウバン水を2年間使ってみた効果

このところ、毎年夏の暑さがひどくなっていますよね。

僕は営業マンでもあるため、夏も日中は出歩くことが多く、汗をダラダラかいているのですが、デオドラントスプレーの類は一切使わず、このミョウバン水をもっぱら使っています。

 

腋(わき)や背中など汗をかきやすい部分にたっぷりスプレーして出掛けるのですが、自分で感じる嫌な臭いはほとんど感じることがありませんでした。

家族にも仕事帰りに体臭をかいでもらったりしましたが、やはりミョウバン水を付けている時と付けていない時では差があるようで、ミョウバン水を付けていると臭いをそれほど感じないようでした。

 

実際に2年間、ミョウバン水を使ってみて、効果は確かにありましたし、ミョウバン水にコストも大して掛からず経済的にもメリットが有るなぁと感じています。

 

まとめ

簡単に自分で作れるミョウバン水を利用した加齢臭対策。

手軽でありながら臭いを防いでくれる生活の知恵であり、ぜひ知っておきたいところです。

誰にでも作れる物ですから、加齢臭が気になりだした方はぜひチャレンジしてみてください!



今だけ!プライム会員なら無料体験で最大3,000ポイントもらえる!12/12まで

ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加
IDでの追加は「@uii0506r」を検索!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください