「不動産あるある」新築で買うなら一戸建てとマンションのどっちだ?!

一戸建てマンション

みなさん、どうも僕です。

先日、会社の同僚から衝撃的なことを聞いてしまいました。

その同僚は大阪市内にマンションを自己購入していたのですが、急な転勤に伴いあわてて売却、その時点でローン残高が500万円ほど残っていたらしく、社内融資ローンで借り入れそれを決済、そうこうしているうちに1年ほど地方勤務の後、再び関西地区に転勤、今度は会社の借り入れ社宅に住みながら、ローンを返済しているという・・

 

住んでない過去のマンションのローンを今だに払っているという悲惨・・

 

それもこれもマンションの売却時の査定価格がもっと高ければ良かったのですが、やっぱりマンションの資産価値ってガーンって下がっちゃうのがツライところ・・。

そういう話を聞いちゃあ、気になってしかたがないのが、「じゃあ、一戸建てのほうがトクなの??」ってとこ。

今日は一戸建てとマンションのどちらがいいの??ってところを考察してみたいと思います。

 

一戸建てのメリット

家と畑

管理費、修繕積立金などの月々の経費がかからない

マンションとの違い、優位性として、コレ大きいでしょうね。

うちもマンションなので支払ってますが、管理費・修繕積立金だけで安くて1万円、まぁ平均して2万円ぐらいはみなさん支払ってるでしょうね。管理費はともかく、修繕積立金は築年数が増えていくに従って高くなっていきますから、その負担はどんどん増えていきます。

 

中古マンションのチラシなんか見てても、管理費・修繕積立金だけで3万円を超えるところも珍しくないですね。そうなってくると、この費用だけで「車の駐車場代やん!!」ってぐらいの負担に。

これを払いたくない!って人は一戸建てが向いてるかも。

 

資産価値がマンションに比べて下がりにくい!

これ、結構大きいポイントではないでしょうか。

一戸建てにしても家屋部分はマンションと同じで経年劣化していきますが、マンションと違うのは土地部分が時間が経過しても価値として残り続ける点ですよね。

 

出だしで紹介した会社の同僚も「一戸建てが良かったかなぁ」と言ってたのはこのポイントで、マンションは数年住んだだけでガクンッって資産価値が下がりますが、一戸建てなら土地の価値もありますから、マンションに比べると下がりにくい。

 

自由性が高い!間取りも自分で決められる

マンションも最近でこそ、プランが例えば20プランぐらいあって選べるみたいなことをやってますが、そうはいっても納戸があるかないかの違いだけとか、和室の位置がどこにあるかとか、意外と大した違いがなかったりして、自由度が低いですね。

そこをいくと一戸建ては買う場合は自由なので、「サンルームが欲しい!」とか「トイレ3つ欲しい!」とか言っても、お金の自由がきけば実現できるところがいいですね。

 

ペットが気兼ねなく飼える!ピアノものびのび弾ける!

最近ではマンションでもペットが飼えるところが増えてきました。

「ペットが飼えますよ」ってうたえないとマンションも売りづらいようですね。

ただ、飼えるとしても小型犬で、なおかつ1匹までっていう縛りがあるところが多いです。

マンションによってはペット用の足洗い場なんてのがあるところもありますし、一応は飼える環境にはなってるのでしょうが、やはりそうはいっても鳴き声など気を遣いますよね。

 

あと、子供さんがいる家庭はピアノの存在も大きいです。マンションはピアノが弾けたとしても「10時から20時まで」なんていう制限もありますし、窓を開けたまま弾く・・なんてのはやはり気を遣いますよねぇ。

 

一戸建てのデメリット

家と町並み

維持管理がタイヘン!

一戸建てだって家屋は年が経つ毎に劣化していきます。

ず~っと住んでれば必要に応じて修繕をする必要がありますが、マンションの場合はカンタンにいうとそこの部分は管理会社に「丸投げ」できます。

 

毎月積み立てている修繕積立金によって管理会社主導のもと、必要に応じて修繕ができますが、一戸建ては修繕のための資金確保、修繕する業者の選定、どう修繕していくか・・などを全部自分ひとりで決める必要がありますから、結構この部分の気苦労、コストの負担って結構大きいですね。

こういったことが「めんどくさ~い、誰かやって~」って人はマンションがオススメかも。

 

耐用年数がマンションに比べ短い

前の項目にひもづくところではありますが、実は耐用年数(寿命)がマンションの50年程度に比べ、一戸建ては30年程度と言われています。

近年では建築工法の高度化が進み、高寿命化を実現できた家が増えてきてますが、やはりマンションに比べると劣化が早く、それだけ修繕を行うタイミングも自ずと早くなってきますから、この点はマンションとは違いますし、負担とも言えます。

 

意外とプライバシーが守られてない?!

一戸建てって住居区域が明確に分かれているからプライバシーが確立されているのかと思いきや、意外とそうでもないようですね。

外から見て窓が開いてるかどうかで住んでる人が中にいるのかどうか容易に分かりますし、ゴミ出しなど地域住民との接点および共同作業も結構ウザいようで、どういう地域に住んでいるかによっても違うのでしょうが、意外とプライバシーって保てないケースもあるようです。

 

それにひきかえ、マンションって自宅玄関を出ると人に会う機会は多いですが、挨拶だけって感じですし、ゴミ出しも決められた日に出すだけですし、いろんな事が「引かれたレールにそって生活してるだけ」って感じで、それほど「ウザさ」も感じません。

 

マンションのメリット

デザイナーズマンション

購入価格を安く抑えられる

若いカップルや小さい子供を抱えた家庭にとってはやはり購入価格は一番のポイントとも言えます。

土地込みの一戸建てに比べれば資産価値で劣るものの、駅近などアクセスが良好な住居を予算内で手に入れるならマンションはやはり優位性が高いです。

同じ予算で一戸建てを買うならもっと郊外に・・となってしまうので、ここはライフスタイルにもよりますが、価格・値段というポイントは非常に大きいです。

 

気密性に優れ冷暖房費が抑えられる

これは住居の性質上、やむを得ない点ですが、多くの住居が積み重なったマンションと、窓が多く、四方が開けた一戸建てと比べると、気密性という点ではマンションに軍配が上がります。

気密性、断熱性という点ではマンションが優れており、したがって冷暖房費が一戸建てよりも安く済むケースが多いです。

 

セキュリティの面で優れる

現在では新築マンションの多くで管理人さんがいたり、オートロック、防犯カメラに代表されるセキュリティシステムが導入されており、居住者以外立ち入ることができないようになっています。

あまりいいとは思えませんが、コンビニにちょっと行くぐらいなら玄関の鍵を締めずに・・なんて人も多いようで、一戸建てならあり得ないぐらい、セキュリティ・安全面では安心できるという点は大きいです。

 

 

マンションのデメリット

マンションの図面

資産価値が目減りしやすい

先にも書きましたが、資産価値が目減りしやすいという点は否めません。

転居の可能性のある場合はこのデメリットが直撃する可能性は高いものの、一方で「このマンションに死ぬまでず~っと住むよ!」って人はあまりデメリットに感じないかもしれませんね。

 

やはり月々の経費が負担!

管理費、修繕積立金のみならず車を保有している家庭はガレージ代もかかっちゃいますね。

一戸建てなら車庫が付いている家が多いですから当然タダですが、マンションだといろんなものにお金が掛かります。

管理費、修繕積立金、ガレージ代含めてざっと3~5万円ほど掛かってる家庭が多いのでは?

こういった毎月の出費、一戸建てにはありませんので大きな違い!

 

まとめ

一戸建てかマンションか、って結構人生を左右するぐらいの「究極の選択」。

その人のライフスタイルや人生設計に応じて、どちらが適しているかが変わってくると思います。

住んでみると「こんなはずじゃなかった!」なんてことも多々ありますから、しっかりと冷静な目で見きわめることが重要だと思いますよ!

 

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です