キャラクター、人間性を出しまくって人生とハッピーを掴み取れ!

キャラ出し 東西南北1 東西南北2 東西南北3 1470046400695s ボク!

みなさん、どうも僕です。

すっかりこのつかみ、定着しましたね。

大阪の下町、上新庄あたりで流行らそうと思ってますので、今後もお見知りおきを。

 

さて、先日は放送作家の渡邊龍太さんによる

『雑談』で一流の人と仲良くなる自己発見ワーク

というWEBセミナーを受けてまいりました!

ワークシート出典:渡邊さんのHP「会話アップ」より

あらかじめ自分を客観的、多面的に知るためのワークシートの記入を行い、自分がどれほど自分自身のことを知ってるのか、自分が気づいていない魅力・セールスポイント、相手に訴求できる「売り」になるトークトピックス、キャラクターについて、1時間たっぷりと講義頂きました!

 

一流の人に気に入ってもらえる「雑談力」を磨くには?

開発メンバーとの会話

渡邊さんは普段からフリートークがちょっと苦手・・と思っているタレントに「トーク力の向上ワークシート」を使ってらっしゃるそうで、この講義で使われたワークシートや講義内容はまさにプロのなせる技!感心しきりでした!

 

この講義を受けてみて感じたのは、その人その人にそれぞれ個性があり、その人が面白くない・・なんてことはないにもかかわらず、自分が「オッ!」と思う相手と話すとき、自分の良さ、キャラクターをうまく人に伝える術(すべ)を知らないんじゃないか・・そういうことを強く感じました。

 

講義ではうやむやになっている自分に対する見方を俯瞰的に見つめて、「そのポイント、トークに使ってみたらウケるやん!!」というとこまで突っ込んで分析。めっちゃためになりましたよ!

 

大切なのは一流の人と話をする機会が急に出来ても、自分の中で「これとこれを話したら好感触になるはずやから!準備OK!」ってなるように普段から自分の売りになるストロングポイント、ネタになる話材を準備しておくことですね!

 

ハッピーになりたきゃ、キャラクターを出しまくれ!

夏休みが12月

講師の渡邊さんがもうひとつおっしゃってたことが「できるだけキャラクター、人間性を前面に出したほうがいい」ってこと。人と話してて、自分では「この話、どこがおもしろいねん・・」って思うことがなぜかウケてしまったりしたことありません?

 

意外と自分の魅力ってわかってなくて、自分が「これはマイナスポイントやな」と思うことが実は大きなアピールポイントだった、なんてことがあるんですよねぇ。

 

わたしにもそれを強く強く実感した経験があるので、それを少しお話ししてみたいと思います。

 

わたしは「モテない君」だった!

壁にもたれる失恋男子

わたしねえ、ここだけの話だから言っちゃいますが、若いころ、ず~っとモテなかったんです。

いわゆる「モテない君」だったんですねぇ、長い間。

まぁ今から思えば、「そら、モテんわなぁ~」という風に思います。

 

たいしてカッコいいわけでもないのに、なぜか意味不明にプライドが高くて、意味不明に大人しくて、意味不明に人見知りで非社交的・・

こんなヤツ、モテると思います??

 

総ツッコミで

「そんなもん、モテるかぁぁぁぁぁぁ!!!!」

ってな話で。

 

ブサイクで自分の殻に閉じ籠ってる・・だれがその殻開けるかぁ!っていう負のスパイラル状態ですね。

 

「殻」は自分で破るもんや!!

ハートのキャンディ

モテない冬の時代が長らく続いていましたが、20代中盤を超えたあたりで、遅ればせながら

「これは俺自身に問題があるんかも・・」そう思い始めました。

なんかね、周りで自分よりブサイクなのに彼女がいるやつが目について、急にその状況にイラついてきたわけですよ。

 

もう、そこからは自分の殻を破ることにしました。

どう破ったかって言うと、例えば合コンなど女子との飲み会に行ったら

「チャリーン!!ブサイク登場しましたよ~!!」

なんて感じで自らブサイクをアピールするという・・ちょっと自虐的な荒技にいきました。

 

それからず~っとそういうキャラやってたんですが、なんでかね、ある女の子が好意を持ってくれたみたいで

「この肉じゃが、作りすぎて余ったから、食べてくれる?」

なんていう超ベタ、超古典的な「男子にモーションかけてるぞ♡」攻撃を受けてしまったんですよ!!!

 

そう、何年もモテなかったブサイクがね!!

 

もうそれこそ自分の中ではフランス革命より、産業革命より「革命的」、コペルニクス的展開なわけですよ!テンションあがりましたね~!

 

なんでそうなったか、まだまだ??状態ではあったんですけどね。

 

「どこが響くか」は自分にはなかなかわからない

自分にうっとりする牛

それ以後も「ブッサイク、来たよ~!」なんて言ってると「そこがカワイイ!」とか意味不明なことを女子がたま~に現れてきて、彼女ができるようになってきたんですねぇ。

 

なんでこんな状況になってきたかって言うと、「ブサイクで~す」と言うことによって自分をカッコよく見せようという意識がなくなったってことと、それまで長らく人に見せることがなかった奥底にあった人間性、いじりたくなる部分が垣間見えたからだと思うんですね。

 

人間、自分自身のことがわかってるようで、わかってない。どの部分が他人にとって「響く」かわからないから、精一杯、自分の中の「いい部分」「アピールできる部分」を探していかないといけない、そう痛感しました。

 

まとめ

今回の渡邊さんの講義でも学んだことですが、人生において「自分の見せ方、表現の仕方」って非常に重要だと思うんですね。

何度とない貴重な出会いの場で「ボクってこんな面白い人間なんです!魅力的なんです!」ってわかってもらったほうが百万倍トクだと思うんですよね。

そこからさらに展開して「アイツ、実はおもしろいヤツでさぁ」なんて噂が広まるなんてことになれば、さらにさらに面白い人生が開けてくるかも。

まずはしっかり自己分析!そしてアクション!人生とハッピーを掴み取るのは自分自身やで!!

 

follow us in feedly

3 件のコメント

  • 詳細なブログに書いていただき、ありがとうございます。
    お伝えしたかったことが、伝わったみたいで嬉しく思いました。
    私のブログでも、この記事を紹介させていただきますね!

    • 渡辺さん、コメントありがとうございます!
      それから先日はセミナーをやって頂き、大変感謝しております。ありがとうございました。
      セミナーで学んだことは今後にしっかり活かして行きたいと思います。
      今後とも宜しくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です