行きづらい?恥ずかしい?男が理容室をやめて無理なく美容院・美容室に入る方法、頼み方はコレだ!

みなさん、どうも僕です。

身だしなみにとって非常に重要なことのひとつ、それは頭髪を整えること。

おっさんサラリーマンのわたしにとっても、それは重要な課題です!

オレ
ホラ、わたし、顔が福山雅治に似てるってよく言われてるじゃないですか~??
(言われがちじゃないですか~??)

けげんなOL
・・・エ?

顔や服装がビシーッといくら決まっていたって頭髪がダメなら印象丸つぶれ!

お先真っ暗!

でもオッサンのみなさん、悩みませんか?

オッサンが髪を切るのって理容室がいいの?それとも美容院がいいの?ってとこ。

悩みますよね~!!

わたし、現在美容院で髪を切ってますけどね、タイヘン満足ですよ!

理容室派
そうは言っても男が美容院なんて、入りづらいよね

そんな理容室派のあなたに捧げる、男が美容院で髪を切るメリットと無理なく入れる方法についてご説明したいと思います。



 

そもそも美容院とは女性が行くところ!美容院と理容室の違いはなに?!

まず、そもそも論ですけどね、美容院って位置づけなんですけどね、美容院って元々は女性が行くところでしょ!って話。

昔、われわれ世代だと母上、いや違った、お母様・・いやまたまた違った、オカンが髪を切りに行く時って

オカン
「パーマ屋行ってくるわ!!」

って言ってたんですよね。

そう、パーマ屋ですよ。美容院ってね、女性がパーマをあてに行くようなところって認識でした。

ま、実際に法律上も「理容」と「美容」って明確に違いがありますからね!

◯理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう
(理容師法第1条の2)

◯美容とは、パーマネント・ウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう
(美容師法第2条)

っていうか、そんな法律を持ち出すまでもなく、社会通念としてオッサンはおろか、「男性はおらんやろ!」そんな認識でした。

じゃ、男性はどこに行くかって言うと「散髪屋さん」です。

パーマ屋VS散髪屋・・女性がパーマ屋なら男性は散髪屋、いわゆる理髪店、理容室ですね。

「髪を切る」って行為は同じなのに、行く場所が違ってたんですけど、これ、世間的には暗黙の了解的な「住み分け」だったんですよね。

むかし、ウチのオヤジが近くの理容室で順番待ちをしてて順番が回ってきたら「ほな、大将!座ってちょうだい!」ってよく言われてたのを覚えてますね~。

「三丁目の夕日」の1シーンじゃないけど、これが従来の髪を切るという行為の風景であり、「男は理髪店!」っていうのが従来のイメージじゃないでしょうか。

 

色気づいた思春期男子が美容院の門を叩く

男子たるもの理髪店!って感じですから、まずはお父さんと一緒に理髪店を髪を切ってもらって、「スポーツ刈り」やら「坊ちゃん刈り」(死語ですか??)にしてもらうわけですよ。

なんの疑問も感じることなくね。

で、そんな穏やかな日々を揺るがす時期が男子には訪れるんですね・・

思春期です!

の時・・う~ん、なんて甘美な響き!

そう、女の子がやたらと気になるんですよねぇ・・カワイイですね~

オッサンとなった今は日経平均株価しか気になりませんけどね~

 

いや、そうなるとどういう変化が起こるかって言うとですよ!

思春期ボーイ
今の理髪店じゃ髪型がナウくない!!(翻訳すると「オシャレじゃない!」)

そう思い出すんですよ。

やっぱね、モテたいじゃないですか?!髪型オシャレなほうがいいじゃないですか?!

 

ってことでですね、男子は意を決して理髪店を諦め、美容院の門を叩くわけです、ハイ。

 

いやね、理髪店がダサい髪型にしてくれるかって言うとそうじゃないんですよ!

オシャレなカットハウス的なお店もたくさんありますし、若者をターゲットにした理髪店もたくさんあるわけですしね。

 

でも、美容院ってなんか最先端を行ってる気がするし、なんせ女性スタッフが髪を切ってくれたりするわけですから、

「オシャレなんだろ~なぁ」

「女の子にモテる髪型にしてくれそう!」

そういう発想になるわけです。チェリーボーイが考えそうな安直な発想ですがね、たしかに美容院って女性の多種多様なヘアスタイルに対応できる面があるので、オシャレが気になりだした男子は美容院に通い始めるってワケですね。

 

↓↓オシャレは「センス」じゃない!「理論」だ!カンタンにオシャレ泥棒になれるぞ!↓↓

 

わたしが初めて美容院を利用した理由を語ろう!

一時期、高校時代に美容院に行ったことはありましたけど、わたしもやっぱり古い人間ですから、サラリーマンになってからは長い間、ちょっと小マシな男性専用のカットハウスに通ってました。

なんせ女性が周りで髪を切ってる中で自分も・・ってのはちょっと気後れするというか、男性専用の理髪店のほうが心のどこかでリラックスできるってのもありましたしね。

行っていたカットハウス、お値段にしてカットで4,200円。ずーっと4,200円せっせと払って、髪だけ男前に・・

 

まぁね・・うまく切ってくれますしね、やっぱり男性が切ってくれるという安心感もありますし、話す話題も男性サラリーマンにピッタリの話を振ってくれます。

間違っても「あそこのパンケーキが美味しいっスよ!」なんてスイーツ女子を相手にしたような話は振られることはなく

 

理髪店のマスター
「いやぁ~東芝が債務超過ってタイヘンなことになりましたねぇ~」

なんてあたかもYahoo!ニュースから仕入れてきたような時事の話題を振ってくれますから、サラリーマンのわたしも無理なく気楽にお話できていいんですがね。

 

ただね、なんでしょう・・

この予定調和感の半端なさ!ヘアスタイルの面白くなさ!

いや~、もうつまんない!おもろない!

 

顔面は変えようがないわけじゃないですか、生まれ変われるわけもないし

サラリーマン
だとすると気分転換するとしたら髪型でしょ!!

髪を切るのって「調髪」っていうぐらいだから髪を整える、キレイにするっていう行為であるともに気分転換、これ重要じゃないですか?

 

結局、理髪店って自分が思い望んだ仕事はきっちり十二分にこなしてくれるけれど、あんまり「冒険」しませんし、リピーターなら「カルテ」的な資料に基づいて前例踏襲で髪を切るってところが多くて面白くないなぁって思っちゃったんですよね。

そのあたりはうまくやってくれるお店を探せばいいんでしょうけど、わたしの近くの理髪店だとどうしても「いかにもサラリーマンチック」な髪型になっちゃうのが不満といえば不満なんですよね。

 

オッサンが美容院に通ってみて感じたメリットとは?!

わたし、40代のオッサンですけどね、美容院に通いだして感じるのは、やっぱり対応の幅が広い!ってことですかね。

先程も書きましたけど、美容院ってやっぱりメインが女性のお客さんで、女性のヘアスタイルって男性のそれよりもずっと種類が多いですよね。

そうすると

「こんなアレンジもいいですよ!」とか

「前とは少し変えてちょっと雰囲気を変えてみましょう!」

なんて幾通りもの提案をしてもらえるのがありがたいんですよね!

それと感じるのは同じ髪を切る職業でも、ヘアスタイルについての感覚が理髪店の理容師さんとはちょっと違うってことですね。

これはわたしの主観ですけど、理容室の場合、毎日のことを考えた髪のセットのしやすさに重点が置かれがちですけど、美容院の場合、もっとヘアスタイルやヘアアレンジに着目した発想があるので、長年理容室を利用してきた身からすると非常に新鮮だし、ココは美容院の魅力だなぁと実感しています。

 

男性が美容院でヘアスタイルを伝える際の頼み方はこうだ!

ヘアスタイルブックに載っている好きなヘアスタイルの写真を見せる

わたしも長年理髪店に行っていたので、こういう人が多いだろうなぁと思うのですが、理髪店でのヘアスタイルの頼み方ってどうでした??

「伸びた分を切ってください」

「全体的に短めに・・」

こんな感じじゃないですか?!

いや、まぁこれで伝わるのが理容室のイイところなんですけどね。

年齢や職業など属性、ライフスタイルをあらかじめ掴んだ上で必要最低限の要望を聞き、客の望むヘアスタイルを具現化するっていうところは毎回同じ理容室に通ってるとラクな部分ではあります。

だけど、美容院に行ったからにゃ、理容室とは違うヘアスタイルにしてみたいってのもあるし、幅広いヘアスタイルに対応できる美容院からするともう少し情報が欲しいってところはありますよね。

美容師さんの側としても、お客さんのイメージするものと違う髪型にはしたくないし、出来る限りお客の望むヘアスタイル、あるいはもっと想定以上に「らしい」ヘアスタイルの提案が出来るように・・って思いはあると思います。

 

じゃあ、どうすればいいかですけど、美容院にはヘアスタイルブックやヘアスタイルカタログが何冊も置かれているので、その中の自分がイイと思うヘアスタイルの写真を指差して、こんな感じでって感じで頼んじゃってください!

おとなのヘア2017 (MSムック)

写真以上にイメージをうまく表現できるものはありませんし、「こういう感じがお客さんの好みなんだなぁ」ということが一目瞭然でわかりますから、ぜひこの手は利用してください!

もちろん、自分の好きなヘアスタイルの写真を持参あるいはスマホに表示させて見てもらうのもいいでしょう!

 

美容師さんに「おまかせ」も一つの手!

わたしが実際に使っている方法ですが、美容院に何度か通っているとウマが合う美容師さんが出来てきます。

ウマが合うってことは「自分のことをわかってくれている」っていうことなんですが、そういう信頼できる美容師さんができると「髪の長さはこれぐらいであればいいので、いい感じの髪型におまかせでお願い!」って感じで頼むのも実はいい方法なんですよね!

わたし自身もファッションセンスもありませんし、どちらかと言うと自信が無いほうなんで、客観的に見て最適、カッコイイヘアスタイルをおまかせで頼んじゃったほうが「うわぁ~いいやん!」って感じで想定以上の仕上がりにしてもらえることが多々あります。

ぜひこの頼み方も試してみてください。

 

男性が入りやすい美容院の選び方

では、次に男性が入りやすい美容院ってどうやって選べばいいの??ってところです。

わたしが美容院を予約する際に必ず使っているネット予約サイトホットペッパービューティーを例にとって説明しますね!

ホットペッパービューティーのサイトの上の方に、「レディース」か「メンズ」かを選ぶところがありますので、まず「メンズ」の選択します。

で、トップページに「ビジネスマンにオススメのサロン」、「お手頃プライスのメンズOKってサロン」などのオススメ特集の項目から選んでもいいですし、

普通にエリア検索から自分の希望する条件にあった美容院を選べばOKです!

やはりお店のテイストによって男性客の多いお店、少ないお店ってあると思います。

できるだけ男性客が多そうなお店を選びたいってのが人情でしょうから、そこを判断するのにお店の口コミ欄を見ておくと参考になりますよ!

こちらのお店には50代男性会社員の好意的な口コミコメントがありますね。

こういうのを見ると「あ!オッサンでも気兼ねなく行けるなぁ!」って臆することなくお店に入っていけますからね!

お店選びで情報をうまく取れば、美容院ビギナーのあなたもハードルを下げることができますよ!

 

まとめ

男性であっても美容院で髪を切るって人は増えてきてますが、年齢が上がるにつれて「入りづらい」と感じる人は多いようです。

でも、実際入ってみると「なんで気にしてたんだろう!」って感じで、結果的に取り越し苦労だったと感じることと思います。

ぜひ男性サラリーマンも美容院に行ってイメチェンしてみてはいかがでしょうか?!


ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加 もしくはアカウント追加「@uii0506r」
期間限定!早くもiphoneXが3万円キャッシュバック!おとくケータイnetへ急げ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です