サイコロで進むすごろく旅

みなさん、どうも僕です。

沖縄にやってきました~!!

那覇空港

いや~5月だってのに、こちらは暑いですね~!

男一人旅、ノープランでフラッと沖縄にやって来たわけなんですが、考えたんスけどね、普通に沖縄の観光スポットを回るんじゃ面白くないですよね!

・・・ってことで、今回は

ジャジャ~ン!

サイコロ振って、出た目で進む「沖縄縦断すごろくブログ旅」をやってみた!

ヒマか!

暇なそこのあなた!ぜひご覧ください!

忙しいアナタは今すぐブラウザの「戻る」ボタンを押して!

そんなこんなでスタート!

 

沖縄縦断すごろくブログ旅のルール説明!

ここでこのスゴロク旅のルールを説明しましょう!

関西在住の40代のオッサンが、サイコロの出た目に従って沖縄の有名観光スポットを回るというのがこの旅。

旅行期間は1泊2日。

旅行2日目の那覇空港発のPEACH最終便の乗る時間が最終リミットとなります。

行った先の観光スポットの様子をありのままにブログ記事に残し、みんなに見てもらおうというのがこの企画の趣旨です。

まさに40代のオッサンのどーでもいい遊びの旅と言っても過言ではありません。

これ、水曜◯うでしょうのパクリやろ!
ボク
誰が水曜どうでしょうのパクリやねん!

伏せ字にしてたやろが・・・ったく

 

アホはほっといて、行き先に指定された6つの観光スポットをざっと見ておきましょう。


沖縄美ら海水族館

まず1の目は、沖縄の観光スポットと言えばココ!沖縄美ら海水族館です。

日本の最大級の巨大水槽を優雅に泳ぐジンベイザメの姿に癒やされ、イルカショーの見事な芸にテンションが上がる必見のスポットはやはりココしかないでしょう!

 


首里城

そして、2の目はこちらも沖縄を代表するスポット・首里城です。

沖縄の歴史を紐解くカギを握るのがこの場所。ぜひ行っておきたいところです。

 


斎場御嶽

3の目は沖縄のパワースポットとして名高い 斎場御嶽(せーふぁうたき)です。

世界文化遺産にも指定されているコチラも外せないスポットです。

 


久高島

4の目は久高島。

久高島は沖縄の人をして神の島と言わしめる知る人ぞ知る場所です。

沖縄本島からフェリーで手軽に行ける場所でもあり行き先に入れました。

ここに行ったあかつきには、日常生活に疲れたオッサンの心をきっと癒やしてくれることでしょう!

 


古宇利大橋

5の目は古宇利大橋です。

エメラルドグリーンの沖縄でも随一のキレイな海を見ながらドライブするには最適なスポットです。

オッサンだって風を感じたい・・・ちょっと何を言ってるのかよくわかりませんが、有名な観光名所でもありますので行き先候補に入れておきましょう。

 


大石林山

最後に6の目は大石林山です。

沖縄のほぼ最北端に位置する観光スポットです。

沖縄の大自然のパワーを感じられる場所としてココは候補地に入れておくしかないですね!

 

ってことで、すごろく旅の6つの行き先候補をご紹介しました。

今回の旅のテーマは「沖縄の自然と歴史を感じる旅」

偉そうなこと言ってますけど、「浮ついた観光地に似つかわしくない場所を避けた」というオッサンのあざとい思惑が見え隠れしてますけどね。

ただいずれの行き先候補地も引けを取らない沖縄の観光名所であることは間違いありません。

あとはサイコロに運を託して、楽に回れそうな沖縄の自然と神秘を感じることが出来るスポットをぐるっと回っちゃいましょう!

 

記念すべきサイコロ第一投目の結果は?!

サイコロ

さぁそれではさっそく記念すべき沖縄縦断すごろくブログ旅の第一投目に移りましょう!

どの目が出るかちょっとドキドキですが、普段から「持ってる」僕に掛かれば、こんなのなんてことないですよ!

あ、違った・・・

なんくるないさー!

早よ投げろ!

じゃ、記念すべき第一投!!アムロ、投げまーす!!

あ、あ、あ・・・

6!!

 

やりやがった・・・

大石林山と言えば・・・


沖縄やんばるの観光スポット!「大石林山」

那覇空港からめっちゃ遠いやん!!北の端やし!

出だしから大変なことになりましたが、大石林山に向けて行ってまいります!

 

沖縄やんばるのスピリチュアルスポット「大石林山」へGO!

さぁそれではね、沖縄の北端にある大石林山に向けて出発しますよ!

例によって、いつも格安で借りられるスカイレンタカーで車を借りてスタート!

激安のスカイレンタカー

那覇空港からざっと3時間コースのロングドライブとなりますので、途中に道の駅でランチも兼ねて休憩を入れつつ先へ急ぎます。

道の駅・許田 タコライス

 

3時間ほどのクルマ移動の末、いよいよ大石林山に到着!いやはや遠かった~!

 

「大石林山」とはどんな場所?

こちらが大石林山の入口となるチケット売り場兼「沖縄石の文化博物館」です。

沖縄石の文化博物館

こちらの施設は2018年4月28日に新築オープンしたばかりで非常にキレイでした。

こちらのチケット売り場でチケットを購入して入山します。

チケットは大人1名1,200円ですが、さまざまクーポンがゲットできるdエンジョイパスを利用すると1,200円→950円と大幅に割引になります。

dエンジョイパスは月額500円ですが、初回登録31日間無料なのでまずは無料登録しておくと便利ですよ!

 

大石林山とは、2億5,000万年前の石灰岩が長い年月をかけて雨水などの侵食を経て出来上がった熱帯カルスト地形からなる場所です。

大きな巨岩や奇岩がいたるところに見られ、亜熱帯の自然に触れながらトレッキングが楽しめるスポットとして注目を浴びている場所なんです。

また大石林山付近の山々は、琉球開びゃく(天地のはじめ)の祖・アマミキヨが最初に創った聖地とも呼ばれており、パワースポットとしても知られていますよ!

出典:大石林山

日頃の仕事で疲れた体と心を癒すべく、いざ大自然を満喫しに行きましょう!

 

大石林山 奇岩・美ら海パノラマコースを歩く!

大石林山 奇岩・美ら海パノラマコース

大石林山には2つのコースがあり、

  • さまざな地形や奇岩・壮大なパノラマが楽しめる「奇岩・美ら海パノラマコース」
  • 巨大なガジュマルなど亜熱帯の密林を進む「やんばる森林コース」

のどちらかを選んで散策する形です。

僕は「奇岩・美ら海パノラマコース」を選びました。

まずはチケット売り場からバスに乗って5分ほど掛けて、コースのスタート地点である精気小屋に向かいます。

コースのスタートである精気小屋でバスを降り、ここからいよいよトレッキングがスタートです。

ここからコースに入っていきます。

コースに入ってみると、森の中にゴロゴロと巨岩・奇岩がころがっているというかなり独特な雰囲気が漂っています。

コースはしっかり整備されているので、スニーカーなど歩きやすい靴であればOKです。

 

こちらが仲睦まじく、2つの岩が寄り添うように立っている「縁結びの岩」です。

大石林山の縁結びの岩

僕も新垣結衣と結ばれるようにしっかりと岩の前でお祈りしておきました!

おっさんはノーチャンスや!

 

そしてこちらが「悟空岩」

古生代の石灰岩が急速に浸食されて出来上がった巨大なカルストです。

大石林山の悟空岩

きんと雲に乗り、如意棒を持ってさっそうと堺正章扮する悟空が出没すると言われているのがココです。

ウソやし、話が古いわ!

※昔、堺正章が「西遊記」というTVドラマで孫悟空を演じていました・・・知ってる?

 

こちらが「石林の壁」と呼ばれるパワースポットです。

山から登る太陽の光が岩壁にあたりパワーが集まると言われています。

大石林山の石林の壁

御利益がありそうなので、オッサンもパワーがもらえそうな石に触ってみました。

思えば・・・

間に合ったと思い飛び乗った電車の車両が女性専用車両だったためオバハンに白い眼で見られたり、

数量限定のスイーツを買うために並んだ行列が目の前の人で打ち切られる・・・

さんざんな目に遭ってきたオッサンも、石に触れているとなんかハッピーになれそうな気がしてきました。

 

オッサンだって幸せになりたいなぁ・・・オッサンの切なる思いを胸に抱きつつ、先を急ぐことにしました。

大石林山のパワースポット

 

大石林山を歩いていると、こういったラクダ岩のように動物や人の形に見えなくもない・・・いや、見えるであろう形をした奇岩に頻繁に出会います。

ラクダ岩かぁ・・・う~ん、見えなくもないかな・・微妙!

 

だいぶ歩きましたね~

このコースのひとつの見所ですが、コチラは「骨盤石」です。

子宝を望む女性にご利益があると言われている巨岩です。

中に穴が空いている形状があたかも人の骨盤のようですね!

大石林山の骨盤石

この石に触れると血行の流れが良くなり女性特有の病気が治るという言い伝えもあります。

女性の方はぜひ訪れてみるといいですよ!

 

そして、ココがコースのハイライト的なスポット、「生まれ変わりの石」です。

大石林山の生まれ変わりの石

くり抜かれたような石の穴を3回くぐり抜けると、生まれ変われるという言い伝えがあります。

僕も生まれ変われるならジャニーズに入って嵐に入れてもらおうと願いながらくぐりました。

あ、今なら欠員が出たTOKIOのほうが入りやすいかもしれませんけど・・・。

 

ひとしきり歩いたところに、「美ら海展望ステージ」があらわれました。

 

ひとたび、このステージに立ってみると・・・

大石林山の美ら海展望ステージから見た風景

絶景!

爽快!

おっさんテンションMAX!!

いや~見晴しが素晴らしい!!視界良好ですね~!

人生の視界は曇ったままですけど。

ホント、ここまで来てよかったなぁと思いましたよ。

 

ってことで1時間かけて、ようやくスタート地点の精気小屋まで戻ってきました。

 

精気小屋からはバスで戻るわけですが、チケット売り場まで戻る途中に「御願ガジュマル」という必見スポットがあります。

御願ガジュマル

古くから精霊が宿ると言われるガジュマルですが、この御願ガジュマルは日本最大級の大きさ。

ここでないと見られない貴重なものです。

御願ガジュマル

帰りのバスで運転手さんに頼めば、この御願ガジュマルのあたりで降ろしてもらえるので、ぜひ見て帰りましょう!

いや~沖縄のほぼ最北端にある大自然が満喫できる大石林山、思いのほか楽しかったですね~!

でも、まだまだオッサンによるサイコロ任せのすごろく旅は続きます。

 

まとめ

大石林山は知る人ぞ知る、かなり魅力的な観光スポットでした。

やんばるの大自然を味わいながら、なんか癒やされた気もしましたしね。

行ったことがない人はぜひ大石林山に行ってみることをオススメします!

ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加
IDでの追加は「@uii0506r」を検索!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください