【夜遊びスポット】六本木の隠れ家バー「六七」でヒルズ見ながらお酒と雰囲気に酔え!

六本木の隠れ家バー・六七

夜遊び好きのみなさん、どうも僕です。

先日、東京・六本木で、

ボク
ホントは教えたくない

隠れ家バー

を発見しましたので、ご紹介したいと思います!

その名も六本木七丁目にあるってことで

「六七」(ろくなな)

「ホントは教えたくない」けど教えてあげますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!エヘ!

知る人ぞ知る看板さえない「隠れ家」

この「六七」ってバーは、喧噪に包まれた六本木の中心地から少し歩いた裏路地を入ったところにあります。

で、なにが「隠れ家」かって、まずそもそもが

お店の名前が書かれた看板がどこにもありません!

街なかにあるバーって普通はお店の入り口あるいはドアに店名が書かれてあるもんですよね。

だって、お客さんに入ってもらわないと商売になりませんから。

でも、この六七には一切、看板はおろか、店名の表示すらありません!

 

まぁそれも変わってるというか、普通じゃないんですが、ビックリしたのがお店の入っている建物。

その建物ってのが・・・

コレ!

エ?!普通のアパートじゃね??

 

実は何を隠そう、僕も店の場所が分からず、この建物を前を3度ほど通り過ぎてしまったんですよね。

スマホのGoogleマップを見ながら探してたんですけどね。

六七はこの築年数が古そうな3階建てのマンションの中にあるんです!

 

そりゃ、わかりませんよ、まさかこの建物の中にバーがあるなんてね!

これから六七に行く人は、この建物の1階にあるドイツバー「EX(エックス)」の黄色い立て看板を目印に探せばいいと思いますよ。

 

それと、六七はこの古いマンションの3階にありますが、ドアも普通のマンションにありがちなドアですし、ドアにも店名がありません。

他人の家のドアを勝手に開けるような、なんだか悪いことをしてるかのような気分になりかけますが、そのドアで間違いありませんので、迷うことなくガチャっと開けちゃいましょう!

開ければ、そこには外界とは違う、癒しの異次元空間が広がってますから!

 

店内は大人が超落ち着ける都会のオアシス!

出典:六七

「マンションのドア」を意を決して入ると、そこはまさに異次元空間!

店内は結構広くて、照明もイイ感じに暗くて、かなーり大人チック&ムーディな空気が漂ってます。

六本木の隠れ家バー六七

お店のスタッフは全員若い女性。

接客応対もつかず離れず、いい具合に間合いを取ってくれます。

決してしゃべりすぎたり出しゃばらず、かといって放置プレーも無しで。

イイですね、こういうバー。

こういうお店を知っておくと、きっと女の子にモテますよ!知らんけど!

 

ってことで手初めの一杯目。

東京は福生市が生んだクラフトビール「TOKYO BLUES」です。

ほど良い苦みがあってイイですね~!

ほのかに鼻に抜けるホップの薫りも豊かです。

 

お次にはジントニック。

いや~最高!普段もよくジントニックをいただきますが、ココのジントニックはことさら旨い気がしました。

雰囲気込み・・・なのかもしれませんけどね。でもそれも味の一部。

お酒を作るスタッフの手際もいいですね。お客さんと軽ーく会話しながら、でも仕事はテキパキこなしてて非常に好感が持てます。

僕は比較的早い時間に入ったんですけどね、あれよあれよという間にお客さんが増殖。

ボク
東京の夜遊び好きは知ってますね!イイお店を!

 

このお店、マンションの一室を改造して作られたようですが、カウンター以外にゆったり座れるテーブル席やソファ席もあって、それなりの人数の客を収容できます。

出典:六七

出典:六七

 

メニューもウイスキーやカクテルから、焼酎・泡盛まであって結構多彩なラインナップになってます。

飲みたいお酒はだいたいある感じですから、お酒好きならきっと満足できるハズです。

 

フードメニューも数は多くないものの、そつの無い料理ばかりで充実しています。

中でも僕が個人的に大プッシュしたいのが明宝ハム。

岐阜の名物らしいのですが、肉のうまみが凝縮されてて、コレがまたお酒に超合うんですよね!

六七に来てお酒のおつまみを注文する時はこの明宝ハムがオススメです!

 

おひとりさまでフラッと立ち寄るも良し、仲間と2軒目として来るも良し、女性を連れてここで口説くも良し・・・

いろんな使い方が出来て、知っておくとホント便利なお店です。

 

六本木ヒルズ&東京ミッドタウンを見ながら飲める屋上のテラス席がオススメ!

出典:六七

六七の売りはおいしいお酒とイイ雰囲気だけじゃありません!

それは

屋上のテラス席です!

いわゆる「ルーフトップ」ってヤツです。

 

六七があるのは六本木のど真ん中。

屋上に上がればね、そりゃ当然・・・

六本木ヒルズだって東京ミッドタウンだって見れるってワケです!

これはめっちゃ武器です。

 

コチラが屋上のテラス席の風景です。

高層ビルに囲まれて、めっちゃオシャンティー!

めっちゃいい雰囲気ですね~!

 

六本木ヒルズを見ながら飲むお酒はサイコー!!

・・・とは誰も叫んでなかったけど、室内の席と違って解放感がありますし、雰囲気がまた違います。

まばゆいばかりの光に包まれた六本木ヒルズを目の当たりにしながら、心地よい夜風を感じて飲むお酒はまた格別!

遠く聞こえる六本木の街の喧噪とさまざまな人が繰り広げる楽しげな会話・・・

周りのすべてが楽しい夜を盛り立てる演出をしてくれてるようにも思えてくるのが不思議です。

 

六七の営業時間、アクセス

住所

東京都港区六本木7-16-11 ヴェルデ六本木3F

TEL

03-6438-9915 (結構混むので来店前に予約したほうが無難です)

アクセス

  • 東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩3分
  • 東京メトロ千代田線 六本木駅 徒歩7分
  • 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩14分

営業時間

月~土 20:00~27:00

 

まとめ

ありがちなバーとは一線を画すコンセプトと武器を持つ隠れ場バー。

誰にも教えたくないけど、教えたくなる・・・実際にお店に行って、その魅力を味わってみればそんな気持ちが分かるハズです!

夜遊び上手は知っている六七の楽しい夜はぜひ体験してみてください!

 

The following two tabs change content below.
アバター

もんりっち

NLPプラクティショナーの資格を持つ40代のおっさんブロガー。自転車で駅まで行ったのに、帰りは自転車を忘れて歩いて返ってくるハイスペックな天然。 ワインと沖縄と石原さとみをこよなく愛し、人生を楽しむためにブログを書いています!書籍への掲載、他メディアでも紹介多数。 さぁアナタもたまてBOXファンになりませんか!

お問い合わせはコチラまで!

ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加
IDでの追加は「@uii0506r」を検索!
六本木の隠れ家バー・六七

共有するならコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

NLPプラクティショナーの資格を持つ40代のおっさんブロガー。自転車で駅まで行ったのに、帰りは自転車を忘れて歩いて返ってくるハイスペックな天然。 ワインと沖縄と石原さとみをこよなく愛し、人生を楽しむためにブログを書いています!書籍への掲載、他メディアでも紹介多数。 さぁアナタもたまてBOXファンになりませんか!

お問い合わせはコチラまで!