「3時から男」続出で花金復活?!「プレミアムフライデー」のメリット、問題点、導入企業を探る!

みなさん、どうも僕です。

この度、今月2月から実施されることとなった「プレミアムフライデー」。

皆さんご存知でしょうか?!

出典:プレミアムフライデー推進協議会事務局HP外部リンク

新聞やネットで見たことはあるものの、よくわからない・・

そんな感じじゃないでしょうか。

月末の金曜日には15時で仕事を終わらせるという「プレミアムフライデー」という仕組み。

昔は高田純次が、仕事終わりの「アフター5」を頑張る「5時から男」のCMをやってるのが話題でしたが

わたし
これからは「3時から男」がたくさん生まれるんじゃないの!!

って感じで、プレミアムフライデーが今後成功するかどうか、働くみなさんは要注目ですよ!

まだまだ馴染みの薄いプレミアムフライデー。いまいちピンとこないあなたにしっかりご説明させていただきますよ!

 

プレミアムフライデーとは何?対象は?いつから?

今月からスタートするこの施策も思ったほど話題に上らず、いったいどういう策なのか消化不良気味。

そのあたりをカンタンにまとめてご説明しておきますね!

プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとは政府、経団連が主導となって行われる施策で、月末の金曜日に限り、15時(午後3時)で早めに仕事を終わらせることで、飲食や旅行などの消費を喚起しようという新たな取り組みです。

 

プレミアムフライデーはいつから?期間は?

記念すべき第一回のプレミアムフライデーは今月の2月24日、金曜日にスタートとなっています。

期間として明確化されていませんが、2回目以降も「月末」の「金曜日」を軸に実施する予定となっています。

 

プレミアムフライデーの対象は?

地域及び業種の縛りはなく、日本全国および全業種が対象となっています。

 

プレミアムフライデーの趣旨、目的

経済界、企業側から見れば就業時間を早めに切り上げることで余暇として過ごせる時間を増やすことで消費を喚起できるという期待があります。

週末の時間を増やすことで、友人や家族とゆっくり外で食事したり、土日を使った2泊3日の旅行に出やすくするなど、お金を使う機会を多くして、お金の循環を上げて経済を良くするという狙いがあります。

一方で、サラリーマン、OLなど働き手の側で言えば、家族たちとの接点を増やすことが出来るほか、旅行や英会話など勉強の時間に充てるなど余暇活動を充実させることが出来るというメリットがあります。

 

月末金曜日は15時上がり!プレミアムフライデーが生まれた背景

アベノミクスによる経済活性化の起爆剤として期待

依然として厳しい局面が続く日本経済。この状況を打開すべくアベノミクスの新「3本の矢」のひとつこそが、2020年にGDP600兆円を達成することです。

そして、このGDPを上向かせるためにはその多くの比率を担う個人消費の増加がマスト!

ってことで、余暇時間を増やせば消費が上向くという仮説のもとにプレミアムフライデーの導入が検討されたわけです。

あるシンクタンクによるとプレミアムフライデーを導入することで1日あたり1,200億円程度の経済波及効果が得られるとのこと。

怪しむオッサン
ほんまかいな!

経済活性化の起爆剤になるかどうか、それは実際にスタートしてみてから検証、ってことでしょうね。

 

電通女子社員の自殺問題・・ワークライフバランスの重要性の観点

2015年、クリスマスの日に自ら死を選んだ電通女子社員の自殺問題。そこに至った原因のひとつは度重なる残業、過労でした。

かねてより働き方のありかたを提議してきたワークライフバランスについて、改めて考え直す必要があるというきっかけにも繋がる事件でした。

今回のプレミアムフライデーは就業時間を短縮することで、「時間外」を増やし、人生を謳歌する時間を増やして、より豊かな生活に近づけることが出来るというメリット、効果が見込めるものです。

 

プレミアムフライデーの導入企業、取り組み・反応は?

いよいよ今月からスタートするプレミアムフライデー。

では、それを実践する企業側はどういう取り組みをしているのか見てみましょう!

住友商事、ソフトバンクが「プレミアムフライデー」導入を発表!

日本を代表する名立たる企業がプレミアムフライデーの導入を公表しています。

まず、住友商事はプレミアムフライデーの該当日について全休あるいは半休の取得を推奨。

該当日以外であっても有給取得を奨励するなどかなり力が入っている様子。

住商がプレミアムフライデー 有休取得、年16日めざす

 

また、IT・通信業界をリードするソフトバンクもプレミアムフライデーに賛同し、午後3時を退社奨励時刻に設定するなど全社を上げて取り組む意向を示しています。

ソフトバンク、「プレミアムフライデー」導入 月末金曜日は午後3時退社

その他にも続々とプレミアムフライデーの導入を表明する企業が増えつつあります!

 

婚活も促進!結婚紹介サービスのツヴァイがプレミアムフライデーパーティを開催!

プレミアムフライデーで仕事を切り上げれば、平日にも婚活できる時間が増える!

そんな思惑もあるんですねぇ~。

結婚相手紹介サービスの大手「ツヴァイ」がプレミアムフライデーがスタートする2月24日金曜日に「プレミアムフライデーパーティ」を東京、大阪で開催することを発表しています。

仕事以外の時間が増えれば、結婚相手を探す、選ぶ時間もそれだけ増えて婚姻率アップに貢献できるかも知れませんね!

【結婚相手紹介サービスのツヴァイ】“花金”復活!プレミアムフライデーパーティ2/24(金)東京・大阪で開催

出会いの時間が増えるといいけど・・

プレミアムフライデー導入で休みを取らずに2泊3日の海外旅行が実現可能!

近畿日本ツーリストではプレミアムフライデー導入をにらみ、金曜日に出発する2泊3日の海外旅行商品を発売することを発表しています。

これまでは土日を利用して2泊3日の海外旅行へ行く場合は、1日は休みを取らないといけませんでした。

それが、プレミアムフライデーを利用すると金曜日の夕方に日本を発つことが可能なので、会社を休まずとも気軽に海外旅行に行けますね。

会社に余計な迷惑をかけることがないので、コレは結構大きいポイントかもしれませんね!

「プレミアムフライデー」 旅行商品を発売!~月末金曜は、ちょっと豊かに~

旅行好きサラリーマン
台湾旅行ぐらいなら土日に気軽に行けるね!

 

また宿泊予約サイト大手の「じゃらん」でもプレミアムフライデーの特設ページを開設。

おトクなプランや特別クーポンを用意して予約利用者の増加を見込んでいます。

出典:じゃらん

 

「本命」の飲食業界もあの手この手!プレミアムフライデー利用で集客を狙う!

仕事が早めに終われば、一番恩恵を被るのはやっぱり飲食業界じゃないですか?!

ってことで迎え撃つ飲食店も色々とプレミアムフライデーに便乗した施策を練ってきていますね。

関東、関西でレストラン、バー、居酒屋などを展開するサントリー系列のダイナックではプレミアムフライデーの当日、通常より早い15時にお店をオープンさせるとともに、「サントリー・ザ・プレミアム・モルツ」半額キャンペーンを実施。

いつもより早めに盛り場に出てくるサラリーマンをごっそりと集客したい思惑が感じられますね~。

ダイナックが“プレミアムフライデー”にあわせ 関東・関西で2月24日の営業を15時からスタート! サントリー プレモル半額キャンペーンも実施

出典:ダイナック

ダイナック以外にも、飲食店各社とも趣向を凝らした販促策が考えられているので、こまめにチェックしておくことをオススメします。

 

プレミアムフライデーの問題点、課題

一見、いいトコずくめのプレミアムフライデー。

しかしながら、一筋縄ではいかない問題点、課題もあります。

プレミアムフライデーを対応するかどうかは企業次第で強制力無し!

このプレミアムフライデーの施策は政府や経団連が推奨しているわけですが、導入するかどうかは各企業に委ねられています。

つまり「自己判断」ってことです。

とある企業の部長
導入は勧めるけど、やるかどうかは自由!ってことだよね?!

カンタンに言うとそういうことですね!

推進しているはずの経団連の幹部企業でさえ、導入を決めかねているところも多く、足並みが揃っているとは言えない状況です。

強制力も一切ない「努力目標」みたいなもんなので、実効性があるかどうか疑問なところではあります。

 

「月末の」金曜日という設定日が「忙しい!」との声多数!

このプレミアムフライデー、設定されているのが「月末の」金曜日、その月の最終金曜日です。

月末ってことは普通の企業は締めの前でもあるし、忙しいところが多いわけです。

営業マン
なんで、わざわざ月末に設定するんだよ!

そう思うのもムリありません!

繁忙期がいつなのか、政府だってそれぐらいはわかりそうなもんなんですけどねぇ・・。趣旨には賛同するものの、実際やれるかは別問題・・。

 

消費が上向かないのは「時間」がないからじゃなく「お金」がないから!

政府としては余暇時間を増やせば、その分消費が増える、ひいては経済効果があると見込んでいますが・・

時間があっても使う元手、つまりお金がないとなんにも意味がありません!

怪しむオッサン
仕事が早く終わったからってお小遣いが増えるわけじゃねーし!!

 

プレミアムフライデー導入で1日あたり1,200億円の経済効果があるっていう話ですが、果たして、ソレ、本当にそんなにうまくいくの??って声も多く聞こえてきます。

仕事が早く終わって、なおかつ収入が増えれば、もうそれは言うことないんですが、自由になる時間だけ増えて果たして消費が増えるのかどうなのか・・ここは不透明な部分ではありますね。

 

まとめ

今回はじめて導入となるプレミアムフライデー。その効果や実効性はやってみないとわからない部分も多々あります。

制度、仕組みとしては少々不完全な点もありますが、有効利用することで自分の時間を今まで以上に楽しむことが出来るのがメリットであることは間違いありません。

受け身ではなく、利用できるものは積極的に使っていく姿勢が大切です!

今後本格化する各企業のプレミアムフライデーを見込んだ販促策、キャンペーンにもアンテナを張りながら、うまく自分のライフスタイルに取り込んでいくといいですよ!


follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です