神様ってホントにいるの??宿命、因果関係、前世・・全部嘘っぱちじゃん!

みなさん、どうも僕です。

昨年は映画「君の名は。」が大ヒットしたこともあり、猫も杓子も前世ブーム。

スピリチュアルな世界がやたらもてはやされて、「目に見えない存在」に対する意識がグッと高まってますよね。

ま、そりゃいいことなんでしょうけどね、無宗教のボクからするとこういった状況って眉唾ものじゃないかってうがった見方をしちゃうんですよね~。

 

こんなボクだって、この世に生を受けて、神様がいるから必死に拝んで、神様に助けてもらえるように、罰が当たらないように、そういう教えを受け継いできたわけですよ。

いやね、ボクなんかが神様の恩恵を大してこうむらなくっていいですよ、人並みの生活を送ってるだけど、「平凡」だもの。

 

ただ、なんの因果かわかりませんけどね、いわれなき不幸や不運に遭ってる人たち、たくさんいますよね!

何も悪くないのに非常な目に遭わされている人々に対して、神を信じる人たちはどう説明するのか?!

いや、ぜひちゃんと腹落ちできるように説明して欲しい!そう思いますよ!

じゃなきゃ、前世だとか、運命だとか、宿命だとか、そんなの嘘っぱちだろ!!

そうなるわけです。今日はそんな怒りの記事を。

 

小林真央さんが亡くなったのは、なんでなのかわからない!

先日、市川海老蔵さんの奥さん、小林真央さんが亡くなられました。

乳がんを患い、かなり進行している状態だというのは聞いていましたが、自宅療養のさなか、体調が急に悪くなり、まさかの最期を迎えることとなりました。

どんな人だって最期はあるし、病に伏せていた真央さんが亡くなるというの「可能性としては」あり得ることだとは思うのですが、しかし急な話でしたね。

びっくり・・というより、まさかという感じ。「なんでそうなるんだ」って思いもありますし。

 

もちろん亡くなった真央さん自身もかわいそうですが、良くなることを信じて疑わなかった海老蔵さんや小さな子供たちの願いを見事に打ち砕いた「運命」ってものがホントに憎らしいですねぇ・・。

苦しい局面にありながら笑顔を絶やさず、ポジティブな空気を発散していた真央さんが若くしてあの世に引き取られていったのが非常に残念でなりません。海老蔵さんや子供たちの行く末を考えれば、きっと後ろ髪を引かれる思いであの世に行かれたと思います。

 

愛する人をこの世に留まらせて欲しい・・海老蔵さんや子供たち、そして家族はそう願い、祈ったことでしょう。

しかし、それは成就しませんでした。

これが運命、あるいは宿命だというのなら、いったいどんな因果があったのか、頼るべき神様って何してたの??

そう思わざるを得ません。

 

見てるだけの神様なら要らない!

先日もこのブログで、キリスト教弾圧下での日本でキリシタンが次々に処刑され苦しむポルトガル人宣教師を描いた映画「沈黙-サイレンス」について感想、レビューを書きました。

その記事にも書きましたが、命を奪われ、苦しみ続ける力無き民衆を尻目に沈黙を続ける神。

 

そして、この苦難を目の当たりにしていた宣教師・ロドリゴはこう神に訴えます。

神よ、どうしてあなたは沈黙を貫くのです??

それに対する神の言葉は・・

沈黙しているのではない、ともに苦しんでいるのだ

・・・

いや、助けてよ!

ボクなら即座にそう思います。

後世があるのか、天国に行けるのか、そんなことはボクにはちっともわかりませんけどね、リアルに感じることができ、この感情を自分で認識できるのは「この世」、「この人生」でしょ?!

だとしたら、見てるだけじゃなくって、「この世」にいる間に救済してくださいよ!

そう思います。

 

ま、でもきっとそう言うと、

「考えが浅いね、そういうことじゃないよ!」

「宿命ってものがあってだな・・」

ってツッコミを入れる人もいるでしょう。

 

ま、でもね、考えが浅くて、信心がなってなくって、スピリチュアルな素養が全くないボクが言って恐縮ですがね・・

言われなき不幸や不遇を「宿命」で片付けるって相当薄情だな!!

そう思いますよ。

神様がいるのなら、見てるだけじゃなくって命ぐらいは助けてよ!!

だって、そういうことでしょ。

命まで奪われて、なんの教訓を得るのか・・教えて欲しいです。

 

シリアでサリンで命を奪われた子供、テロで突然にふっとばされた民衆の「因果」ってなんなの??

一見、幸せそうに見えるこの世の中。

でも周りを見渡してみると不幸、不遇のオンパレード。

シリアでは今なお内戦が続き、サリンと思われる化学兵器が使用されたことで罪無き子供たちが呼吸困難でジタバタと散々苦しんだあげく命を奪われました。

「早朝にものすごい音がして外に出た。道ばたで多くの人が倒れており、子供もいた。息をしている人も呼吸の様子が変だった。せき込んだ後、のどの辺りを触って、そして次々に倒れていった」

出典:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170406/ddm/007/030/041000c

 

その他にも連日のように世界のあちこちで繰り返し起こっているテロ。

そしてなんの因果か、突然命を奪われ、愛する人と別れを惜しむ間もなく引き裂かれる事実。

こういった人たちって、こういう目に遭わされるっていったいどんな因果関係あるんですかね?!

カルマっていうんでしょうか、ボクにはよくわかりませんけど、でもああやって突然命を奪われた人たちって悪いことしてませんよね。

で、悪いことをした人間が長生きをする・・「盗人猛々しい」なんて言葉もあるぐらいですけど、不条理にもほどがあると思いますけどね!

 

もうね、平凡な人生を送れている人への保護はいいと思いますよ、平凡な人生を送れるって非凡だもの。

だけどね、こういった不遇な目に遭わされている人たちにもう少し寄り添って欲しい・・ってか、助けてあげて欲しい!ホントに神様がいるんならね!

 

 

まとめ

人間って無力で自分ひとりじゃ全くなにもできなくて、「自分」という人間を規定する「絶対的な他者」が存在する・・そう大学でも学びました。

それが神様だとするならば、今の状況はあまりにも酷だと思いますよ、人の世にももう少し光を照らして欲しいと思います。

人は無力で弱い・・だからこそ人は祈るのだとすると、その信心に対する最低限の報いは与えて欲しい・・そう思いますね。

ブログ更新情報、毎日の生活が充実する情報をLINEでお届け!

ブログ更新情報をお届け!今すぐ登録しておこう! 友だち追加 もしくはアカウント追加「@uii0506r」
期間限定!早くもiphoneXが3万円キャッシュバック!おとくケータイnetへ急げ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です