【ブログの書き方】検索する人が求めてるのは「男の解決」と「女の共感」だから覚えとけ!

みなさん、どうも僕です。

わたしもブログ書きはじめてまだまだそれほど経ちませんが、特にブログを書き始めた人、ブログ初心者って

「ブログで何を書けばいいんだろう?」

「何を書いたらいいのかな?」

なんて悩みがち。

まぁそれを言っちゃえばわたしだって悩みますけどね!

 

ブログって結局GoogleやYahoo!であるキーワードで検索してヒットしたサイトを見るわけです。

数ある検索結果のなかでも自分が求める内容が書かれてあるサイト、ブログを探して出して、「一筋の光」のような心にグサッと突き刺さるサイトをむさぼるようにじっくり読んで「あぁ読んで良かった!」ってなる、満足する。

であれば、ブロガーは検索する人の意図、欲望を満たすってブログを書きゃいい!!ってことですが、何を書けばいいかを具体的に言うと

男性が求めるべき「解決策」であり、女性が求めるべき「共感」だよ!!

って話。

今日はそういった観点からブログの書き方についてお話してみましょう!

 

人の人生が違うようにブログに求めるものも人それぞれ違う!だからペルソナ!

世の中、いろんな人が生活してますけど、一見同じ人間ですが、人はさまざま、それぞれ違う。

仕事だって違うし、年齢も違うし、何に興味があるのかも違えば、その人にとっての幸せ、趣味嗜好、人生における優先事項だってそう。

価値観やプライオリティーが違えば、ネット上の読みたいブログだって異なりますよね。

 

ある人は「お金の効率的な殖やし方」を書いたブログ探すかもしれませんし、またある人は「人間関係をうまく回す方法」なんてブログを探すかもしれません。

なかには「うつで苦しんでる人が懸命に生きる」内容が書いてあるブログがないかネットを探すでしょうし、「ペンタブで絵をうまく描く秘訣」が書かれたブログを探す人だっているでしょう。

 

つまり

検索する人の生活スタイル境遇、仕事、健康状態、収入、趣味(興味)、家族構成、住んでいる場所

などの個別の条件に応じて検索する内容が全く違ってくるわけです。変わります。

 

とすれば・・

読む人の琴線に触れるブログを書くためには、検索する人の条件を細かく想定、仮定して「なにを検索するのか」「なにに困っているのか」ということを具体的に想像、推測して書けばいい!ってことになりますね。

この点こそがブログを書くための基本、ペルソナ(架空のターゲットユーザー)設定をしっかりやりなさい!っていう鉄則に繋がってるわけです。

 

男性は「解決策」を求め、女性は「共感」を求める

我が家の話ですが、わたしが仕事から自宅に戻ると、奥さんが今日一日あったことを小一時間わたしに話すのが毎日の恒例になってます。

こんなことがあった、あんなことがあった、とわたしが奥さんからいろんな話を聞くわけです。

単なる報告事項だけじゃなくって、ママ友との因縁めいた話だとか、子供が通ってる学校の不満とかそういう話がたくさん出てくるわけです。

で、ここでお互いの意図の不一致がでる!

さんざん愚痴るわけだから、相当困ってるんだろうなぁと思うので、わたしが「じゃあ、こうすればいいんじゃない?!」って解決策を提示するわけですよ!

そうすると

ヨメ
そういうこと言ってるんじゃないわよ!!

って言うわけですよ!

わたしはハァ??って感じですけどね。

困ってるからせっかく解決策を話してるのに、なんでだよ!ってわたしは不思議に思っちゃうわけですよ。

 

でも最近気づいたんですよ!

女性ってのは長々と話をしてくるのは解決策を求めてるんじゃなくって、「大変だよね」って共感してほしいんだな、と。

男性と女性の感じ方、思考方法は違いますからね!

 

だけど、これはブログに求められるものだって同じ。

男性が求めるのは「題」に対する「解」。つまり問題や悩みに対する「解決策」。

対して女性が求めるのは、つらい思いや悩みに寄り添ってくれる「共感」。

ま、男性だってつらい思いをしてれば「共感」を得られるブログを探すでしょうし、女性だって「解決策」を求めてネット検索しますよね。

ブログの存在価値って

A.適切な解決策を提示しているか

B.「なんでわたしの思いをうまく代弁してくれてるの!」っていう共感(共鳴)を引き起こすことが出来るか

どちらかなんです!

ですから、自分の書きたい内容だけじゃなく

そのブログ記事を読むことでどんなメリットがあるのか、収穫があるのかといったことや

どれぐらい共感を得ることが出来るか、読む人の心を動かすことが出来るか

というポイントをよく踏まえてブログを書いていくことが大切になってきますね!

 

ブログで収益を得る=マネタイズはブログ記事の価値提供の見返りだ!

ブログを書いている人って趣味で書いてる人もいれば、ブログから収益を得るために書いてる人もたくさんいます。

実際、ブログを使って自分の本業の集客に繋げている人もいれば、ブログに貼られた広告の収入で稼いでる人もたくさんいます。

「ブログでひと儲けしてやるぞ!!」なんて息巻いてる人も多いと思います。わたしだってお金欲しいですけどね(笑)

でもね、よく考えてくださいよ!

ブログを見た人がすべて「このサービスを受けよう」と思うわけじゃないし、「このブログ、また見に来よう!」って思うわけじゃないですよ。

そのブログを読むことでなんらかのアクションを起こすには、そのブログに価値が感じられなければなりませんし、心が動かされなければならないんです!

だってそうでしょう。

安売りスーパーの安さに反応するからそのスーパーにわざわざ来るわけで

涙を誘う映画を見るためにその映画チケットを買うわけで

他のお店には真似できないデミグラスソースを味わいにあえてその洋食屋さんに行くわけで

必ずそのブログ(お店)に価値があるからこそ、人はなんらかのアクションを起こすわけです。

 

そのブログが提供する価値に対して、見返りとしてお金、収益が発生すると考えれば、こちら側の都合、考えではなく、あくまで読む人の立場に立って求めるものを提供するってことがブロガーにとって大事だってことですよね!

多種多様な人間が生きている世の中ですから、「求めてるのはこういうことだよ!!」って読む人に思ってもらえるようなブログを書くために、しっかりペルソナ設定をして、ドンピシャの中身を持った文章を書くことが重要ってことです!

「なんでこのブログ書いてる人はわたしの心の中が読めるの??」なんて思わせたらシメたものです!

 

まとめ

我が家の夫婦間のやり取りにおける「受け止め方の違い」を引き合いに出しましたが、感じ方というのは必ずしも自分の意図したとおりではありません。

自分がこう思ってるよ!ってことではなくて、「相手がどう感じるか」ってことのほうがずっと重要なんです。

このことはブログでも同じこと!

いろんな立場、生活スタイル、関心事など個別的要因を想定して、ブログを読む人の心の奥底に届く記事を書きたいものですね!

期間限定!早くもiphone8が2万円キャッシュバック!おとくケータイnetへ急げ!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です